きれいになるための結婚準備

ブライダルエステ、ヘアメイクなどのスケジュール

挙式 4~6ヶ月前

ウエディングドレス

 

結婚準備はわくわくドキドキ楽しいものです。特にきれいな花嫁になるためのドレス選びやブライダルエステは、日に日に美しさに磨きがかかりいよいよ結婚という実感も湧いてきます。
結婚式まで半年を切ると忙しくなってきます。式場の手配や招待客のリストアップなど式の準備と共に、ウエディングドレス選びやエステサロン探しを始めましょう。

ブライダルエステサロン探し

よほど素肌に自信がある方は別ですが、ウエディングドレスを試着して鏡で自分の姿を見ると改めてブツブツの背中、プヨプヨの二の腕を認識する人が多いです。早めにブライダルエステサロン探しを始めましょう。いつでも出来ると思っているとすぐに時間が過ぎてしまいます。

ドレス選び、試着

憧れのウエディングドレスやお色直し後のドレス試着は楽しいもの、ただし現実の厳しさも目につきます。背中やデコルテなどお肌の露出は想像以上です。背中の吹き出物やえり足のムダ毛にぞっとするかもしれません。

挙式 2~3ヶ月前

ウェルカムボード

 

結婚式2~3ヶ月前になると式場との打ち合わせやハネムーン、新居の準備など決めることがいっぱいで大忙しとなります。
ブライダルエステにも計画的に通って結婚式当日に向けてきれいの準備も怠りなく。

ブライダルエステ開始

いつからブライダルエステに通うのが良いのか人によって違います。お肌にトラブルを抱えている人は早めにエステを始める方ががいいですし、場合によっては皮膚科を受診した方が良い場合もあります。
また、体のラインが気になる人や二の腕痩せを願うなら、3ヶ月以上前からカウンセリングを含めたトータルエステを受けるた方がいいでしょう。

写真の前撮り、ヘアメイク打ち合わせ

この時期写真スタジオで本番と同じメイクで花嫁衣装の前撮りを行う方が多いです。
せっかくの写真撮影ですからメイクも決めたいところでしょうが、連日の結婚準備でお肌もボロボロなんてこともあります。結婚写真の前撮りを計画しているなら、ブライダルエステもそれに合わせて早めに受けておきましょう。

挙式 1ヶ月前

ヘアメイク、ティアラ

 

結婚式1ヶ月前になると結婚式に呼ぶゲストも最終決定し、披露宴の進行もほぼ決まってきます。新郎新婦がゲストをおもてなしする手作りアイテムの準備も佳境になり寝不足気味になることもあります。
数ヶ月コースのブライダルエステに通えなかった人も集中コースを実施しているサロンもあるので、短期間で美肌を目指す方法もあります。

フェイシャルエステ、シェービング

既にブライダルエステに通われている方は、2週間に1回程度のペースでサロンに通っておられるでしょう。エステ内容はコースやサロンにより異なりますが、フェイシャルケア、デコルテ・背中ケア、腕~指先ケア、シェービングなどです。
ブライダルエステ短期集中コースも各サロンで用意されています。挙式1ヶ月前から始めるなら全5~6回で週1~2回のうコースが良いでしょう。

ヘアメイクリハーサル

1ヶ月前頃にほぼ結婚式通りのヘアメイクをしてもらうリハーサルを行いましょう。このとき、出来ればドレスや小物も用意しほぼ本番通りの状態でチェックします。
このときお肌の状態もメイクさんに確認してもらい、問題がないかチェックしてもらいましょう。気になる部分があれば、エステサロンで対処できないか相談しましょう。

挙式 3日~1週間前

結婚式

 

いよいよ挙式直前、結婚式・披露宴の準備も最終チェックの時期です。花嫁は自分のきれいの準備だけでなくご両親への手紙「花嫁の手紙」も準備しておきましょう。
ブライダルエステも仕上げ段階に入ります。シェービングやネイルは式直前がいいのですが、当日は時間が取れないので、前日までに済ませましょう。

フェイシャル最終仕上げ、ハンドケア

ブライダルエステも最終段階、通っているエステサロンのスタッフとも顔なじみになっているでしょう。これまで気になっている部分や当日のお肌ケアなどサロンスタッフに気軽に相談するのもいいでしょう。
指輪交換やキャンドルサービスで注目される腕や指先ケアは仕上げ段階で入念に行ってもらいましょう。

シェービング、ネイル

シェービングは最終的には挙式の3日~1週間前に行いますが、肌の状態をチェックするためにもプレケアを実施した方が良いです。ネイルアートは挙式前日でも時間があるときに行います。

タイトルとURLをコピーしました